c# よく使う関数 まとめ

よく使う関数や処理をまとめました。

標準出力

string x="test";
System.Console.WriteLine(x);  //末尾で改行するとき
System.Console.Write(x);        //末尾で改行しないとき

int  n=0;
System.Console.Write(n.ToString());  //整数を文字列として出力

標準入力

var line=System.Console.ReadLine();  //1行を読み文字列型とする

int N=int.Parse(System.Console.ReadLine();  //1行を読み整数型とする
//1行を読みスペースで分割して配列とする
string[] line = System.Console.ReadLine().Split(' ');  
//1行を読みスペースで分割して配列とする。要素は整数型とする
//using System.Linq;
//が必要

int[]  line = System.Console.ReadLine().Split(' ').Select(x=>int.Parse(x)).ToArray();  

文字列から部分的に取得する

//i+1文字目から開始してn文字分を取得する
int i=2;
int n=1;
string s="test";
string S=s.Substring(2,1);  //s

連想配列

//宣言 書き方1
//using System.Collections.Generic;
//が必要

Dictionary<string,int> dic= new Dictionary<string,int>();
//宣言 書き方2
//using System.Collections.Generic;
//が必要

var dic=new Dictionary<string,int>(){
  {"A",1},{"B",2},{"C",3}
};
//追加
dic.Add("D",4);
//取得
System.Console.WriteLine(dic["A"]);
//すべて取得
foreach(string key in dic.Keys) {
        System.Console.WriteLine(dic[key]);  
}

数値比較

//n>mなら1、n=mなら0、n<mならー1
int n=2;
int m=5;
System.Console.WriteLine(n.CompareTo(m));  //-1

配列

//要素数がnの一次元配列を作る
int n=3;  
int[] intArray=new int[n];  
//配列を入れ子にしてn×m行列を作る ※二次元配列とは異なる

int n=3;
int m=2;

int[][] matrix;
matrix=new int[n][];
for (int i=0; i<n; i++){
    matrix[i]=new int[m];
    for(int j=0; j<m; j++){
        matrix[i][j]=(i+1)*(j+1);

    }
}


//入れ子の配列の出力
//行を改行、列をスペースで区切って出力する
for (int i=0; i<n; i++){
    System.Console.WriteLine(String.Join(" ",  matrix[i]));
}
この投稿は役に立ちましたか?
役に立った  役に立たなかった
0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
neko-admin